エンゼルストア商品一覧

  • お得なセット商品
  • 布おむつ
  • 布おむつカバー
  • 布おむつ
  • 布おむつライナー
  • トレーニングパンツ
  • 月齢で探す
  • 新生児〜3カ月
  • 4〜12カ月
  • 12〜36カ月
  • ベビー用品
  • ベビー肌着
  • ベビーウェア(春夏)
  • ベビーウェア(秋冬)
  • ベビーグッズ
  • ベビー布団
  • マタニティ用品
  • マタニティブラジャー
  • マタニティショーツ
  • 産前|妊婦帯
  • 産後|ガードル
  • 妊娠・出産時期で探す
  • 妊娠3〜4カ月
  • 妊娠5〜7カ月
  • 妊娠8〜10カ月
  • 産後すぐ

困ったときは

よくある質問と答え
マタニティインナー準備リスト
口コミで広がるエンゼルの布おむつ、ベビー・マタニティ用品
エンゼルの戌の日カレンダー

特集記事

産後の骨盤ケア
マタニティブラジャーとホームブラジャーはなぜ必要?
布おむつと紙おむつの違いは?
エンゼルの肌着はやさしさから生まれました
妊婦帯はなぜ必要なの? 布おむつの豆知識 布おむつの当て方 肌着の着せ方

カレンダー

2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

エンゼルストアのご紹介

愛知エンゼル エンゼルストアのスタッフブログ
エンゼルの出産・育児応援Facebookページ メルマガ登録
登録時に利用店舗(アピタ、イオン、エンゼルストア)をお選びいただくと、その店舗の最新情報が届きます♪
 

布おむつと紙おむつ比較

布おむつ人気、再び!?

どんな赤ちゃんも生まれてまず最初に着けるのが「おむつ」です。
おむつには 布おむつ 紙おむつ があります。
どちらを使おうかとお悩みのプレママも多いと思います。

「周りの友達は紙おむつを使っている」
「今どき布おむつって使うの?」
「布おむつは赤ちゃんには良さそうだけど大変そう…」

さまざまな理由で紙おむつを選択するママは多いですが、
実は布おむつを使ってみたいと考えているママも多いのです。
昨今、布おむつ の人気が復活してきていますが、その理由はなんでしょう?

こちらの特集では、紙おむつ 布おむつ のそれぞれのメリットとデメリットを比較しています。
ぜひおむつ選びの参考にしてみてください。

布おむつのここがポイント

布おむつ紙おむつ

布おむつのメリット

・こまめにおむつ替えするので、スキンシップが増える
 赤ちゃんの状態もよく観察できる。
経済的。初期費用はかかるが、
 おむつが取れるまでの費用は安い。
・デリケートな赤ちゃんの肌にやさしい
・購入量が少なく、買い置きの手間がない。
・布おむつは洗濯をして繰り返し使えるので、
 使い捨ての紙おむつと違ってゴミが出ない
・おむつはずれの早い子が多い。

布おむつのデメリット

・紙おむつと比較して、おむつ交換の回数が多い。
・洗濯をする手間がかかる
・外出時の荷物がかさばる

紙おむつのメリット

・後始末が楽。
・1回限りの使い捨てタイプなので、洗濯の手間がない
コンパクトで、外出時のおむつ携行量が少なくてすむ。
・吸水性や保水性が高い。

紙おむつのデメリット

・布おむつと比較して、費用がかかる
・吸水性や保水性がいいために、
 赤ちゃんも不快刺激が少く、泣いて知らせるのも減る。
・1回限りの使い捨てタイプなので、ごみの量が多くなる

布おむつのメリット

紙おむつ の魅力はなんと言ってもその利便性だと思います。
ましてやはじめての育児だと布おむつでの育児ができるのかどうか不安もあり、
紙おむつ を選ぶママも少なくないと思います。

布おむつ での育児をしているママ達からのお声を参考にしながら、
布おむつ の人気が復活している理由、布おむつ の魅力、メリットについてもう少しみてみましょう。

こまめにおむつ替えができるので、スキンシップが多くなる。赤ちゃんの状態もよく観察できる。

布おむつは洗濯して繰り返し使えるので費用を気にせず、こまめにおむつ替えができます。
その分スキンシップや赤ちゃんに語りかけたりする時間が増え、ママ達の愛情をたっぷり受けることができます。
“おむつ替え”をしながら、赤ちゃんに語りかけ、ふれあうことが、赤ちゃんの心と感覚を育て、
そしてママ・パパの愛情の深さを感じ、家族の『絆』を育てる大切な要素になると思います。

おむつ替えでスキンシップ

経済的。初期費用はかかるが、おむつが取れるまでの費用は安い。

紙おむつは使い捨てで便利ですが、洗濯して繰り返し使える布おむつに比べて費用がかかります。
紙おむつの場合、使うメーカー、おむつ替えの頻度にもよりますが、年間6〜7万円の出費になります。
2年間で13万円以上! 20万円かかったというママも…。
紙おむつの場合、おむつが取れるまでにもう少し期間がかかる傾向にあるので、これ以上かかると考えられます。

布おむつの場合は、初めにオムツカバー、布おむつ、おむつライナーなどを揃えるので初期費用はかかりますが、
一度買ってしまえば、あとはオムツカバーのサイズアップの時に買うくらいなので、
紙おむつ1年分くらいの費用ですみます。枚数をしっかり揃えて丁寧に扱えば、
布おむつは2人目にも使えるので、その費用は断然安くすみます

最初に揃える布おむつセット

デリケートな赤ちゃんの肌にやさしい。

「肌触りのよい布おむつをしてあげると、気持ちよさそうにします」
布おむつの人気復活の大きな理由のひとつです。デリケートな赤ちゃんのお肌には布おむつがオススメです。
オムツライナー を使えば、おしっこが逆戻りせずサラサラなので、赤ちゃんも快適です。おむつかぶれの予防にもなります。


赤ちゃんの肌に優しいエンゼルの布おむつ

おむつはずれの早い子が多い。

布おむつの場合、おしっこをするとおむつが濡れるので泣いて教えてくれます。
それを何回も重ねていくうちに、濡れる前にママに伝える事が出来るようになるとの意見が多いです。
また布おむつは洗濯の手間もあるので、トイレトレーニングにもママの力が入りやすいです。
その結果、おむつはずれが進みやすい傾向があります。

ゴミが出ないから環境にやさしい

紙おむつは使い捨てできますが、赤ちゃん1人当たり、
おむつはずれまでに排出するゴミは1〜2トンにもなるといわれます。
布おむつは洗濯して繰り返し使えるので、ゴミが出ません。布おむつは環境にもやさしい『エコ』な製品なのですね。

布おむつ利用者の声

エンゼルの布おむつ育児をしているママたちは、
「布おむつをしてあげると、赤ちゃんが気持ち良さそうにします」
「布おむつを洗濯して、真っ白になった布おむつを干していると気持ちはさわやか〜」
「布おむつだと育児している! って感じがする」
「紙おむつの買い物の手間が省ける」
「使用済み紙おむつのゴミが少なくなる」

といった利点を感じているようです。


布おむつ画像


最初は「布おむつって大変そう」、「手間がかかりそう」と考えていたママさん達も、
実際にエンゼルの布おむつを使って慣れてしまえば、「思っていたよりもずっと簡単」、「これなら続けられる」など、
布おむつの交換や洗濯、たたむ手間などの負担はそれほどでもないという声は一致しているようです。

布おむつ、紙オムツ、どちらが良いの?

結局、『布おむつ』と『紙おむつ』のどちらがいいのでしょうか。
それぞれメリット・デメリットがありますから、赤ちゃんとママが両方ハッピーになる方法として、
「布おむつ」と「紙おむつ」を併用することをオススメします

手が掛けられる昼間などは「布おむつ」、
外出時や夜間、ママの体調がすぐれない時は便利な「紙おむつ」と使い分けることで、
ママも負担なく布おむつが使えるし、赤ちゃんもハッピー。
ママ達の愛情をたっぷりと受けてすこやかに育っていくと思います。

エンゼルの布おむつで楽しい布おむつライフを始めませんか?


選べる布おむつカバー

エンゼルの布おむつお試しキャンペーン

ご利用案内

このページの一番上へ

トップページへ

エンゼルストアは国産にこだわっています。販売中の商品はすべて「日本製」です。